時計ベルトで他より一歩先を行く

腕時計

時計を購入したけれども、時計ベルトは買った時のままという方はいませんか?

時計ベルトはその人の個性を出すことができるところです。

時計自体はメーカーが作るものなので、簡単にはカスタマイズできませんが、時計ベルトはオーダーメードで製作してくれる職人がいるんです。

例えば、もともとはメタルの時計ベルトなのに革のベルトに交換したり、自分好みの時計ベルトに変更したりできます。

そこで、時計ベルトについて書いていきます。ここでは革の時計ベルトに絞って話していきますので、参考にしてくださいね。

時計ベルトを交換して個性を出そう

購入してきた時計のベルトはメーカーが作ったものなので、基本同じものを持っている人がいるということですよね。

もちろん、そのままでも良いのですが革の時計ベルトであれば1〜2年ほどで寿命を迎えます。

その時に時計ベルトを交換すると思うのですが、オーダーメードの時計ベルトはいかがでしょうか?

時計に合わせて職人が作ってくれるものなので、とてもお洒落ですし自分の個性を出すことができます。

また、時計ベルトを交換するだけで時計の持つイメージがガラリと変わり、飽き性の人でも同じ時計を持ち続けることができますよ。

革の時計ベルトはデリケート

みなさん、あまり意識しないと思いますが時計ベルトの革は約1〜2年で寿命を迎えます。

それは、夏の間にかいた汗がしみこんだり、雨に濡れたため革が痛むからです。ひどい時には、カビが生えたりするぐらい革の時計ベルトはデリケートなんです。

そのため本当は濡れたら乾かすなどのお手入れが、とても大切なんです。

しかし、ほとんどの人はそこまでお手入れをしないので時計ベルトの寿命もとても短いはずですね。

その時に、時計本体は大丈夫だけれども時計ベルトを交換する必要が出てきますから、そのタイミングでオーダーメードの時計ベルトに変更してはいかがですか。

時計ベルトがメタルだけど・・・

時計ベルトは革でできたものと、メタルでできたものに分かれますよね。メタルは汗や水分には強いけれども、飽きた時にはどうしたら良いのでしょうか?

メタルの時計ベルトの中にも、革の時計ベルトに交換可能なものもあります。ただい、素人にはわからないので革の時計ベルトを作っているお店に持って行って相談するのが良いでしょう。

メタルの時計ベルトを革ベルトに変えると、ガラッと印象の違った時計になりますよ。

机上の腕時計

時計の印象を変えない時計ベルトが欲しい

時計ベルトを交換するとイメージが変わると今までご紹介してきましたが、ブランドの時計ベルトを交換する時には、イメージを変えたくないこともありますよね。

そんな時には、ブランド名と時計の名前がわかれば純正仕様の時計ベルトを制作することも可能です。

そのため、時計の印象を変えずに時計ベルトを新品のものに交換することができるんです。

ただし、ブランドロゴは著作権がブランドにありますので入れることができないんです。模造品になってしまいますからね。

それでもブランド純正の時計ベルトに比べると、はるかにリーズナブルにできますので、オススメですよ。

時計ベルトをオーダーできるお店はどこ?

時計ベルトをオーダーメードで製作してくれるお店は、なかなか見つからないと思います。

そんな時には、インターネットで検索すると見つけやすいですよ。特に都市部であれば見つかるはずです。

お店に行って、時計を見てもらってからの注文が出来ますので来店するのがベストではありますが、どうしても遠方で難しい場合は、問い合わせをして相談してみてください。

場合によっては、インターネットで時計ベルトを製作してもらえることもあります。

ベルト1つ変えれば、それは世界にたった1つだけのあなたの腕時計になります。
昔から、時計や車などは男のステータスなどと言われておりましたが、できる男のステータス=時計といった流れについてチェックしてみませんか?笑

男の憧れ女にモテるおすすめ巻き時計記事はこちら!